週半ば休日を満す雨 #20221123

こんにちは。

朝というにはこころもち遅い頃、起き抜けにやってきた宅配人が茶を届けてくれました。

リビングにもどって湯を沸かしながらカーテンを寄せると、街に雨が降っているのが見えます。

僕が住むのは都市部の中心駅にほど近いマンションの一室です。そのため休日の昼前は若者や家族連れの喧噪につつまれているのが常ですが、今日は少し静かなようです。ビルの隙間から除かれる、繁華街へと続くはずの煉瓦道には人影ひとつも見当たりません。

いつも向かいの建物に列をなしていた烏もいない。

だから僕は雨の日が好きです。

こんな日にこそ散歩がしたくなる。そういうところを見ると、僕はやはり少し内向的な面があるようです。誰とも話さず、すれ違うこともせずに街を歩いてみたい。ただしそれは巨大な駅に百貨店やオフィスの連なる都市のなかでいたい。

お茶が入ったので自室に戻り、手入れを怠るあまりに錆びかけたギターを壁掛けからおろして膝の上に置いてみます。窓の水滴をみてようやく寝巻でいるには肌寒い今日の空に気が付きました。

昔予備校の先生が言ってました、君たちは冬になってからやる気を出すと。

それは正しいと思う。

今年の夏は楽しめなかった。

それと同時に、これから始まる季節には何か良いことが待っている気がします。

では二日目はこれで終わりにします。

さようなら。

Share this Post